『双 MF P(角型)』少しラバーを変える

こちらも・・・

『双 MF P(角型)』の

裏面だけラバーを替えました。

IMG_0782

IMG_0783

カールP-H 中、難しい(汗)

カールP-3の薄にしました。

こちらの方が慣れていることもあって、色々都合が良いです。

また角型でも細長い形状になっているので、反転がしやすいのがこのラケットの魅力の一つですね。普通、異質の選手は角丸型を使いますが、角型を使う価値があります。

使いたい用具が多くて大変です(笑)

 

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

『レボフュージョン MF R』にラバーを貼る 2

結局、ごく普通にラバーを貼ってしまいました(笑)

この方が良い感じだから仕方ない♪

『レボフュージョン MF R』、使い手のセンスが問われますね(笑)

何でも出来るのでプレーの幅がぐっと広がります。その分、どのプレーをするのか選択か、センスが問われます!ある意味、難しい!

フォア面にはV>01スティフのMAX。

IMG_0779

バックにはデスペラードの0.6mm。あくまでスポンジ入りです。

IMG_0780

ただ、重量がもう少し欲しかったので、サイドバランサーを4.5g貼りました。(その上からサイドテープを貼ってあります)

IMG_0781

これは練習のやりがい(特にランダム系)がありますね!

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

『レボフュージョン MF R』にラバーを貼る

『レボフュージョン MF R』にラバーを貼りました!

私は粒高を中心にプレーする選手なのでちょっと悪戯を(笑)

あえてフォア面に粒高を♪

私はこの方がチキータを含め裏面がしやすいです。

ちなみにグラスD.TecSの0.5mmを貼っています。

IMG_0777

バック面に裏ソフトを。

安定重視でGF T48を選びました。

IMG_0778

 

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

 

『レボフュージョン MF R』

発売開始速攻で買わせてもらいました♪

我が師(!?)、卓将さんプロデュースラケット、

『レボフュージョン MF R』

R(角丸型)の重めの73gをお願いしました。

IMG_0771

IMG_0773

IMG_0772

IMG_0774

まだ打てていませんが、檜七枚合板で弾みは程よく、非常に操作性が高いラケット設計なのがわかります。

これは本当に打つのが楽しみです!

 

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

粒高でドライブをする。

粒高でドライブは出来るのか?

と聞かれることがあります。

結論、「ドライブは可能」です。

予想以上に簡単に出来ます。
猛烈に回転のかかった球を出すことは難しいですが、攻撃的な上回転の球を出すことは難しくありません。粒高の中でもスポンジが入っていれば、更に簡単です。

ポイントは、ドライブをする(斜め上に振る)と、粒が折れるということ。そのため、強く振ると球が落ちやすくなります。

そのため粒高でドライブをするときは、スイングを遅くすることがポイントになります。正確にいうと、スイングの速度を遅めに調整するということです。スイング速度を遅めに設定して、粒の側面で引っ掛けるイメージでドライブをすると、きちんと上回転のかかった球が出ます。スイングをより下から上にしてスイング速度を上げれば回転をかなりかけることも可能です。

スイングを遅く調整するというのが盲点で、より速く振るという常識を手放すというのが難しいです。

我が師匠クラスになると、かなりしっかりとしたドライブになります。

粒高だって工夫次第で、けっこう色々出来るんですよ(笑)

 

IMG_0749

 

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

「WFSハイ両面対応」を自分専用のグリップに

WFSハイを気に入ったので、好みな重めのラケットを探してもらって購入しました。以前のものは78gでしたが、新しいラケットは87gです。

購入時点では普通の日本式グリップです。ここから自分のグリップ、スタイルに合わせて改良します。

IMG_0760

表面のコルクを反転式に付け替え、少しずつ削っていきます。裏面には小さなコルクを付けて、少し引っ掛かりをつくります。裏面のコルクも少しずつ削っていきます。

IMG_0762

IMG_0764

IMG_0765

概ね完成です。あとは練習して何度か軽く削りを入れて微調整します。

ちなみにラバーは、

「カールP-3」の薄。

IMG_0766

「V>01スティフ」のMAXです。

IMG_0767

 

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。