粒高でドライブをする。

粒高でドライブは出来るのか?

と聞かれることがあります。

結論、「ドライブは可能」です。

予想以上に簡単に出来ます。
猛烈に回転のかかった球を出すことは難しいですが、攻撃的な上回転の球を出すことは難しくありません。粒高の中でもスポンジが入っていれば、更に簡単です。

ポイントは、ドライブをする(斜め上に振る)と、粒が折れるということ。そのため、強く振ると球が落ちやすくなります。

そのため粒高でドライブをするときは、スイングを遅くすることがポイントになります。正確にいうと、スイングの速度を遅めに調整するということです。スイング速度を遅めに設定して、粒の側面で引っ掛けるイメージでドライブをすると、きちんと上回転のかかった球が出ます。スイングをより下から上にしてスイング速度を上げれば回転をかなりかけることも可能です。

スイングを遅く調整するというのが盲点で、より速く振るという常識を手放すというのが難しいです。

我が師匠クラスになると、かなりしっかりとしたドライブになります。

粒高だって工夫次第で、けっこう色々出来るんですよ(笑)

 

IMG_0749

 

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

カテゴリー

2017年2月
« 1月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

Profile

Fatal error: Call to undefined function get_wp_user_avatar() in /home/users/0/lolipop.jp-pingpong-lab/web/wp-content/themes/pingponglab/functions.php on line 661