ラケットは「吉田海偉」

諸事情あって(?!)、ラケットは「吉田海偉」です!

 

IMG_0965

 

ちなみに重量は95gのものを使っています。中国式としてはかなり重たい部類になると思います。

個人的に板厚が厚めで、重量のあるラケットの方が裏面や反転しての攻撃がしやすいので、このラケットを選んでいます。

粒高が飛びすぎない?と言われたこともありますが、それはあまり感じないです。「止めるのは技術!、飛ばすのは道具(笑)」が持論の私(笑)

練習頑張らないとな〜

ブログの上の方に【卓球】マークがあります。ブログの内容が気に入った、納得した等ありましたらワンクリックお願いします。ブログ村のランキングが上がります。

各個別ページのコメントの上くらいに

「ラケットは「吉田海偉」」への1件のフィードバック

  1. 早速、私の質問の答えのような発信、ありがとうございます。
    王国誌は日本選手権のランカーの用具が載ってる4月分号と別冊Goods号は卓球を復活してから毎年購入しているのですが、今年のGoods号に特集されていた吉田海偉だったとは。自分の浅学を恥じています。

    ところで、選手の名前が付くとラケットは値上がりします。Y社はM選手の名前に付け替えてて500円値が上がった気がします。ところがB社では、同じラケットと思われるSK7中国式と吉田海偉を比べると、吉田海偉のほうが安いのです。グリップは少し違うのですか?

    追伸 95gに廉価版「剛力中国式」の意味もあるのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Profile
caesar
◆名前
金丸 俊之
シーザー 琥珀
◆所属
愛媛県西条市
西条卓友会
皆さん、こんにちは(^^)
シーザー琥珀です♪
中学入学以来、ずっと卓球をしています!
中学2年の冬にペン粒高異質攻守型に転向して以来、ずっと粒高を使っています。
しかし、粒高異質攻守型ってとっても地味^^;
その上、よく将来性のないスタイルと辛口評価される……
いやいや!
そんなことはない!
卓将師匠の弟子(自称)として、ファンタジックなペン粒高道を突き進む所存です!
2011年、全日本実業団選手権にオマケで出場して、しれっと全国デビュー、念願の初段を獲得(笑)
目指せ!全日本マスターズ出場!そして全国初勝利!!