送り迎えが大変

カナダのナショナルゲーム(国体)は毎年7月の最初の週にあるのに、今年は8月の最後の週にあるらしく、ジュニアナショナルゲームに出る中高生の親が「家族で夏休みをくつろげない」と嘆いてました。そりゃそーだ、カルガリーは親が練習に送り迎えして、ずっと練習中も待ってる人が多いもの。大変だぁ。カルガリーでジュニアが練習出来るクラブは二つあるけど、どちらもあまり治安の良くない場所なので、中学生だけで行かせないのです。

先週練習に来てた高校生の男の子や、隣州から遊びに来てた40代の男性はUSオープンに出てきたと話してました。日本の選手団の活躍が凄かったと感動してましたわ。嬉しいねえ(^^)。ラスベガスだし休暇も兼ねて行ってきたんだよ!って言ってた。そっか、カナダからラスベガスは安く行く飛行機があるから、私も行けば良かった!

仕事が忙しくてなかなか練習出来ない。でも、練習したいと思う程好きなスポーツがあって、私は幸せ。

各個別ページのコメントの上くらいに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Profile
miwa
◆名前
ウェネンジャー美和 
Miwa Weninger 
◆所属
カナダ カルガリー
Calgary United Sports Table Tennis Association (通称CUSTTAカスタ)
中学から卓球をはじめペンドラで3年間真面目に練習。
高校の卓球部では試合だけ出る幽霊部員に。
1992年カナダのカルガリー市に留学し、1995年カナダ人の夫と結婚。
2001年に長男を出産し、産後太り解消の為に再びはじめた卓球にすっかりハマる。
現在は日本式ペンの表。
カナダ卓球協会認定のコーチ資格取得。
アルバータ州女子ランキング10位。
本職は住宅ローンアドバイザーと経理を兼務。
また、アルバータ州の無料日系コミュニティマガジン「JAPANAB(じゃぱなび)」を季刊で発行。
卓球文学界の重鎮、伊藤条太氏を師と仰ぐ、働く陽気な卓球ママ。